postheadericon 意外と多い被害

ランタン

みなさんは盗聴器がどんなものか知っていますか、名前の通り盗み聞きするための機械です。
もしそんなものが家にあったらと考えるとすごく恐ろしいです。
ですが、そんな盗聴器など普通にあるわけがない、防犯もしっかりとしているし大丈夫だろう、そんなのはドラマの世界だけの話だろう、とそんな風に考えている人は多いです。
実はそんなことはなく、盗聴器はどこにでも存在している普通の家にもある可能性があるとても怖いものなのです。
会話を盗み聞きされても大丈夫だろう、と考える人がいますが防犯面から考えると大変危険です。
何が危険なのかというと会話が行われていない時が危険なのです。
つまり、会話が行われていないということは不在を表しています。住居に侵入したとしても見つかりません。

それだけではなく、生活リズムなどがバレてしまえば身体の危険も発生しますので、盗聴器がついている生活とは、大変危険なのです。
なので防犯のためにも、盗聴器がないか業者の人に調べてもらいましょう。
料金が確かに発生するかもしれませんが、背に腹は変えられませんし、もしなかったとしてもその料金で安心が買えるのです。
もしあったならば、その少しの料金で自分の命が助かると言っても過言ではありません。
なので調べるのを依頼するのに料金が発生するという理由でしないのはやめましょう。
それにそんなに高いお金がかかるわけではありません。
なので、防犯のためと思って一度調査をしてみましょう。

postheadericon 成功報酬型もある

夕方

盗聴器があるかどうかを調べて、あった場合には撤去をして処分をすると言う一連の仕事で請求されるタイプです。
これは最初に支払う料金が分かるので安心して利用することができます。

また、中には成功報酬制となっている業者もあります。前払いとして着手金を支払い、盗聴機を発見したら料金が発生し、またそれを撤去するときにも、また発生すると言うような形のものです。
このように業者によって変わってくるものですから、盗聴器の存在を疑った時には業者に依頼し、その前にいくらかかるのかをしっかりと知っておけば安心して依頼をすることができます。
まず、やっておきたい防犯対策は下調べからはじめていきましょう。

postheadericon プロに相談する

禁止

自宅に居ても誰かに監視されているような気がすると言う事もあります。
そのような時には盗聴器を疑った方が良いでしょう。
盗聴器は自宅のあらゆる場所に仕込まれている可能性がありますから、防犯のプロの業者に頼んで撤去をしてもらうの必要があります。
撤去をしてもらわなければいつまでたっても自宅の声が外に筒抜けになってしまいますから、気になる人は防犯のプロに依頼してみましょう。

盗聴器は防犯のプロに依頼することができますが気になるのはその料金です。発見をしてもらうために料金がいくらかかるのかと言う事によって依頼のしやすが変わります。
料金体系は防犯のプロである業者によって様々なので、まずは料金体系を調べてみるのも良いでしょう。

postheadericon 一律で依頼できる

たくさん並ぶ

盗聴器は防犯会社に頼めばすぐに取ってもらうことができます。
防犯会社に連絡をすれば、まずは調査をしてくれて、その結果盗聴器が見つかればそのまま取ってもらえます。
万が一盗聴器が無かったと言う場合でも調査にかかった料金は必要となりますが、それで安心を買えるのですから気になったら防犯会社に一度調査をしてもらうのも良いでしょう。

料金は基本的には一律料金となっています。ですから盗聴器が見つかっても、見つからなくても支払う金額は同じと言う事が多いです。
これはつまり、調査をすることに費用がかかるので撤去に費用がかかるのではないと言う事を示しています。
稀に調査費用と撤去費用が別になっている防犯会社もありますが、利用者の立場から考えたとき別々になっているよりも一律になっている方が最初に支払うMAXの料金が分かっている分安心して利用できます。
ですから盗聴器を調べてもらいたいと思った場合には、料金が一律の防犯会社に依頼をすると良いでしょう。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jul    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031